園芸には欠かせない鹿沼土。鹿沼土も、私の愛する郷土の名産です。つつましやかな外見とはうらはらに、鹿沼土にはすごいポテンシャルが秘められているんですよ。
今回は、そんな鹿沼土の魅力をみなさんにご紹介していきたいと思います。

農業・園芸には欠かせない!栃木県鹿沼市産出の軽石「鹿沼土」とは

鹿沼土――それは農家の方やガーデニングが趣味の方にはとてもよく知られた存在です。栃木県鹿沼市出身の私にとって、それはそれは身近な存在でした。

あまりにも身近すぎて、「鹿沼で売っているから鹿沼土なんだ」と思い込んでいた時期があったほどです。
学校の授業で地理や地学を学んだとき、鹿沼土が全国区で知れ渡っている優れた園芸用土だと知り、とても驚きました。
今ではもちろん、鹿沼土がどれほど優れているか、そしてどれほど多くの人々の役に立っているか理解しています。

鹿沼土は、もちろん鹿沼出身。私と同郷です。でもずいぶん先輩で、なんと4.5万年前に噴火した赤城山の火山灰から生まれました。
火山灰から生まれた軽石の一種で、関東ローム層(学校で習いましたよね)で採取されます。特に、鹿沼市でたくさん採れることから、「鹿沼土」と名付けられました。

 

通気性や保水性バツグン!基本用土として園芸・ガーデニングによく利用されています

鹿沼土は軽石の一種。軽石には小さな穴がたくさん空いていますよね。そのため、鹿沼土には水はけや通気性がよいという特長があります。
さらに保水性も高く、しっかりと水を含んでくれるという性質があります。肥料成分は含んでいませんが、保肥性が高く、基本用土によく使用されます。

基本用土とは園芸の基礎となる土のことで、プランターなら土全体の5割を占めるものです。ここに腐葉土など、栄養分を含んだ土などを加えて園芸用の土を作ります。
鹿沼土は腐葉土や肥料などの栄養をしっかりと含み、必要な水分だけを含んであとはさらっと排出してくれます。まさに理想的な基礎用土ですね。
白っぽい黄色で、硬い粒状をしており、見た目もあっさりしています。同じ関東ローム層出身の赤玉土と並んで、園芸やガーデニングには欠かせない土のひとつです。

「鹿沼土」は酸性の土!酸性を好む日本の植物の育成に適しています

鹿沼土は酸性が強い土です。pH4~5くらいで、酸性土壌に分類されます。日本で産出される土の特徴なのだそうです。
日本には酸性の雨が降るため、どうしても土は酸性に傾きます。そのため酸性の土は、日本原産の植物や山野草の栽培に向いています。
酸性を好む植物といえば、まず挙げたいのが「サツキ」。そう、鹿沼を代表する「市の花」です。鹿沼土と相性が良いので、鹿沼はサツキ栽培に向いているんですね。

例年5月の下旬から6月の上旬にかけて、鹿沼さつき祭りも開催されます。たくさんの可憐な花が見られるほか、厳選されたサツキの展示会も開かれます。
サツキの育て方講習会やサツキの苗の配布などもあるので、サツキを育てたい!上手に咲かせたい!という方はぜひ遊びに来てくださいね。
そのほかに郷土芸能の発表や観光物産展なども楽しめます。また花火も開催されるので、お子さんにも喜ばれます。
サツキは、花の季節ではなくても鹿沼の人気園芸スポット「花木センター」で、いつでも苗を買うことができますよ。

鹿沼とサツキのご紹介をさせていただきましたが、鹿沼土の話題に戻りましょう。鹿沼土は、ほかにもいろいろな植物を育てることに向いています。
アジサイやツツジ、シャクナゲなども酸性土壌に向いています。青紫が美しいリンドウや、果物ではブルーベリーも向いているそうですよ。
ブルーベリーは酸性を好みますが、西洋が原産の植物には「強い酸性の土では育ちにくいものが多い」という性質があります。西洋の土はアルカリ性に傾いていることが多いからだそうです。
そんな時は苦土石灰などでアルカリ性や弱酸性に調整してあげるといいそうです。ガーデニングは奥が深いですね。

鹿沼土は粒のサイズでだいたい4種類に分類されます。大きな粒ほど水はけがよく、粒が細かくなるほど水持ちが良くなっていきます。

 

水やり時に便利な「鹿沼土」のひみつ?ヒントは「色」にあり!

鹿沼土は、水やりのときに便利な特長があります。そのため、ガーデニングの初心者からプロにまで愛されているんです。
その特長とは、「色の変化」です。鹿沼土はもともと白っぽい黄色をしているとご紹介しましたが、水を含むと黄色が目に見えて濃くなります。
軽石で水をたっぷりと含む性質があるため、濡れるとハッキリ色が変化します。つまり、土が今湿気ているか乾いているかが、一目でわかるんです。

せっかく植物を育て始めても、忙しい毎日だと「あれ?今日は水やりしたっけか?」と忘れてしまうこと、ありますよね。
鹿沼土なら水をやれば黄色くなり、乾けば白っぽくなるので、水をやったかどうか、どこまで水がしっかり行き届いているかがすぐわかります。
水はけも水もちも良く、栄養もしっかり含み、サツキの栽培にピッタリ。しかも水やりの状態が一目でわかる…鹿沼土にはこんなに優れた特長があるのです。
しかもお店で見ると驚くと思いますが、びっくりするほどお値段も手ごろです。みなさんも土の優等生・鹿沼土を使って、美しいサツキを咲かせてみませんか?

鹿沼市議会議員 ゆざわ英之

平成15年(2003年)から、村おこし運動をしております。人を応援することが、そのまちが元気になるその思いを昏に運動を展開しています。決してあきらめず少しずつですが、前に前に進む事を信条に続けて参ります。-湯沢英之-

<これまでの実績>

  • 公共施設長寿命化計画策定の実現
  • 子どもインフルエンザ摂取予防の減免制度の実現
  • 子ども医療費現物給付未就学児までの実現
  • プロバスケットボールチームブレックスマザータウン締結の実現
  • 防犯灯LED化の実現
  • 高齢者対象風疹予防接種事業拡充の実現
  • 鹿沼市議として
など